プレミアムデオヴィサージュ 顔汗 止める

更年期でおこる顔汗とホットフラッシュ

更年期の代表的な症状でもある顔汗は、季節や気温、運動の有無などに関係なく突然暑くなったり、顔や上半身などが熱くなる「のぼせ」「ほてり」の症状。
そして、ダラダラと大量の汗が出る更年期障害の症状のことを「ホットフラッシュ」と言われます。
そして、突然の汗によって、この症状は、もしかしたら更年期障害?!と自分で感じる第一歩でもありますよね。。

 

 

更年期の顔汗の原因は?

女性ホルモンには、2つのホルモンがあります。
黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)です。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)

子宮筋や子宮内膜の働きを調節する役割があり、体温を高くするので、汗を多く出させる働きをもちます。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)

排卵に関連するホルモンです。更年期になると、排卵がなくなくので、分泌されなくなります。このエストロゲンは汗を抑える働きをもちます。

 

更年期になると女性ホルモンが減少してしまうことで、汗が多く出てしまうというのは、汗を抑える役割のエストロゲンが減少してしまうので、自律神経が乱れてしまうことが原因です。

 

自律神経と女性ホルモンの一種であるエストロゲンとはとても密接な関係にあり、どちらか一方のバランスが乱れることで両方のバランスが乱れてしまいます。
更年期に入り、卵巣機能が低下しエストロゲンの分泌が減ってしまったことで、自律神経も乱れてしまい、血管の拡張や収縮がうまくコントロールできなくなることで昼夜関係なく「ホットフラッシュ」や汗が大量に出てしまいます。

 

簡単な対策

運動が汗対策になる!
汗線は、全身にありますが、身体を動かすこと少なくなり、汗をかかない生活が続いてしまうと、汗腺は次々とお休みの状態になっていまいます。
その結果、汗は比較的活発な汗腺がある脇や顔に集中して出るようになってしまいます。
日頃から身体を動かすように心がけて軽い運動を行って全身の汗腺を機能させることも、偏った場所から出てしまう汗の対策になります。汗を全身からバランスよく出す身体作りも大切です!